ファッションモデル「アンミカ」が 体感する、キレイの散歩。

過去放送バックナンバーへ

2015.12.16〜

シンガポール再発見

今回のアンダンテスペシャルは「シンガポール再発見」。

今回のアンダンテは、シンガポール後編。
建国50周年を迎え、大いに盛り上がっているシンガポール。
めざましい発展を遂げるこの国では、古き良き伝統や文化に触れる事ができます。

12月前半の放送では、東洋と西洋のスタイルを取り入れたシンガポールの伝統文化、
プラナカンに魅了されました。また、案内人・古賀典明さんおすすめの隠れ家店へも訪れました。

ディナーでは、アンさんのご主人も一緒にシンガポールグルメを満喫。
おいしい食事をいただいた後は、夜の街へ。
美しい夜景を堪能し、充実したナイトライフを過ごしました。

AHNdante アンミカ

Botanic GARDENS

Botanic GARDENS
  • Botanic GARDENS
  • Botanic GARDENS
  • Botanic GARDENS
  • Botanic GARDENS

今年、シンガポール初の世界遺産に登録された「Botanic GARDENS」。150年以上もの歴史と広大な敷地を持つこちらの植物園には、たくさんの熱帯植物が生息しています。シンガポールの中心地区、オーチャードから車で5分で来れるんですよ。まさに大都会のオアシス。

様々な種類のランだけを集めた「National Orchid Garden」にやって来ました。こちらでは、自然に咲くランを見ることができます。ランはシンガポールの国花で、富を呼ぶラッキーな花とされているんだとか。とても静かで、鳥のさえずりとたくさんの植物に癒される場所。

「VIP Orchid Garden」には、シンガポールを訪れたVIPの名前をつけたランが集められています。1970年にいらっしゃった今上天皇明仁様と、美智子様のお名前のランを見つけました。皇太子妃殿下雅子様や、ダイアナ妃のお名前がついたランも。どのランも、とても高貴な美しさ。

野生のリスに遭遇。大自然がそのまま残っているので、こんな出会いもあるんです。シンガポール初の世界遺産は、多くの癒しを与えてくれます。およそ6万本のランが出迎えてくれる世界遺産で、ぜひ日本未入荷のランを楽しみましょう。

TEL 65-6471-7138
営業時間 午前5時〜深夜12時
定休日 年中無休

The Rose Veranda(Shangri-La hotel SINGAPORE)

The Rose Veranda(Shangri-La hotel SINGAPORE)
  • The Rose Veranda(Shangri-La hotel SINGAPORE)
  • The Rose Veranda(Shangri-La hotel SINGAPORE)
  • The Rose Veranda(Shangri-La hotel SINGAPORE)
  • The Rose Veranda(Shangri-La hotel SINGAPORE)

ラグジュアリーな5つ星、「Shangri-La hotel SINGAPORE」。数々の権威ある賞にも輝いた1971年開業の最高級ホテルで、Shangri-La hotel第1号店なんですよ。こちらで話題なのが、セレブ御用達のハイティーがいただける「The Rose Veranda」。ハイティーが有名なシンガポールの中でも、1番セレブにぴったりで、1番バラエティが多いんです。

ハイティーには珍しいバイキングスタイル。サンドイッチやスコーンだけでなく、シンガポール料理や中華料理、日本のお寿司まで用意されています。ローストビーフをパイで包んだ、豪華なメニューもあるんですよ。時間制限はないので、好きなだけ楽しむことができます。164種類ものお茶が揃っているので、きっとお気に入りが見つかるはず。アンさんたちもはしゃいでしまう程の品揃え。

こちらのスタッフはお茶の専門トレーニングを受けているため、体調やお料理に合わせたお茶の紹介もしていただけるんですよ。おすすめの紅茶は「ローズベランダ」。1番人気は、シンガポールで有名なTWGがシャングリラ専用に出している「シャングリラティー」。

迷った末にアンさんたちが選んだお茶は、紅茶の王様「ロイヤルダージリン」、喉にとてもよい「ハーブとジンジャーのティー」、そして、ホテル自慢の「シャングリラティー」。セレブな午後のひとときを味わえます。去年は安倍総理大臣も訪れたこちらのハイティー。豪華なメニューで優雅な気分を味わえます。

TEL 65-6213-4486
営業時間 月〜木 午前11時〜午後6時
金〜日 午前11時半〜午後2時
    午後3時〜午後6時

LONG BAR(RAFFLES HOTEL)

LONG BAR(RAFFLES HOTEL)
  • LONG BAR(RAFFLES HOTEL)
  • LONG BAR(RAFFLES HOTEL)
  • LONG BAR(RAFFLES HOTEL)
  • LONG BAR(RAFFLES HOTEL)

1887年開業、全室スイートの老舗「RAFFLES HOTEL」。こちらの「LONG BAR」は、世界にその名を知られる有名なカクテル「シンガポールスリング」を生んだ伝説のバー。いろんな小説や映画にも、このバーが出てくるんですよ。「シンガポールスリング」は、2015年でちょうど生誕100周年なんです。

かつて人前でお酒を飲む事がはばかられていた女性のために"フルーツジュースに見えるカクテルを"と考案されたのが、伝説的なカクテル「シンガポールスリング」。ジンベースの甘いお酒です。アンさんは、「スリング1887」をいただきました。こちらは知る人ぞ知る、「シンガポールスリング」のスパークリンバージョン。シャンパンベースで、少し酸味があり、すごく飲みやすいんです。

とても居心地がいい店内は、レトロでクラシックな雰囲気。天井では扇型の扇風機が優雅に揺れています。カップルで大人の時間を過ごすのにぴったりな場所。伝説的なカクテル「シンガポールスリング」の発祥地として有名なバー。多くの有名人が愛したこちらのお店で、悠久のひとときを楽しんでみるのも素敵ですね。

TEL 65-6337-1886
営業時間 月〜木・日 午前11時〜深夜12時半
金・土・祝前日 午前11時〜深夜1時半

Hilton Singapore

Hilton Singapore
  • Hilton Singapore
  • Hilton Singapore
  • Hilton Singapore
  • Hilton Singapore

代表的なショッピングゾーンにある便利で豪華なホテル「Hilton Singapore」。Hiltonならではの上質なホスピタリティーが堪能できます。ロビーは明るく、モダンな印象。

シンプルでくつろぎやすそうな客室は、シックなデザイン。開放感あふれる大きな窓が印象的です。広々とした客室は清潔感にあふれ、快適に滞在できます。1年中利用できる上層階のプールからは、シンガポールの大パノラマを楽しめます。日常から離れた、特別なひとときを演出してくれますよ。

エメラルドヒル

エメラルドヒル

オーチャード地区にある保存地区で、シンガポールの昔の姿を彷彿とさせます。1階がお店で2階が住居の「ショップハウス」という、プラナカン形式の色鮮やかな建物が立ち並んでいます。シンガポールの中心部で、伝統的なプラナカン様式の建築物を見るならここがおすすめ。

Gardens by the Bay

Gardens by the Bay
  • Gardens by the Bay
  • Gardens by the Bay
  • Gardens by the Bay
  • Gardens by the Bay

シンガポールが誇る国内最大級の植物園施設「Gardens by the Bay」。3年前にできた近代的な植物園なんです。スーパーツリーグローブは、養生植物やシダ類を含む高層庭園。美しいだけでなく、太陽電力を生成し、パークの排出管としても機能しているんですよ。生態系をうまく活用しながら、植物をエンターテインメントとして見せるという、非常に機能的でハイテクな植物園。

ドーム型温室のひとつ「Flower Dome」は、天井45mの世界最大の柱のない温室です。オリーブをはじめとする地中海地域の植物や、バオバブなどの熱帯地域の植物を鑑賞できます。館内に滝があるユニークな植物園「Cloud Forest」は、熱帯山岳地帯の植物を展示するドーム型温室。滝山の1番高い所から、空中散歩を楽しみながらドーム内を散策できるんですよ。

アンさんたちも、スーパーツリーの鑑賞に訪れました。都会の真中にいながら、こんな景色を楽しめるなんて素敵ですね。スーパーツリーは18本。8はシンガポールではラッキーな数字なんですよ。未来系植物園「Gardens by the Bay」。スーパーツリーと世界の植物が楽しめるドームは必見です。

TEL 65-6420-6844
営業時間 午前5時〜深夜2時15分
定休日 年中無休

ガーデンラプソディ

ガーデンラプソディ

スーパーツリーが音楽にあわせて、赤、ピンク、青、黄色、緑と様々な色に変化。まるで近未来都市の中に入り込んだような気分に浸れます。18本のスーパーツリーが織りなす光の共演を、ぜひお楽しみください。

毎日2回公演(午後7時45分〜、午後8時45分〜)

過去の放送一覧を見る

ページの先頭へ