アンダンテ AHNdante トレンドエリア

ホーム イントロ キャスト トレンドエリア アン流キレイ術 プレゼント メール

Kyoto Yukaー京都~納涼床巡り~ Onair:7月16日~ バックナンバー

京都~納涼床巡り~

京都~納涼床巡り~

京都~納涼床巡り~

毎年5月1日~9月30日まで開かれる京の風物詩「鴨川納涼床」。北は二条から南は五条まで鴨川には90件を越えるお店の床が並びます。鴨川のせせらぎ、そして豊かな自然を眺めながら贅沢なお料理をいただく。そんな至福の時を過ごせる大人のスポット、それが「鴨川納涼床」です。

毎年5月1日~9月30日まで開かれる京の風物詩「鴨川納涼床」。北は二条から南は五条まで鴨川には90件を越えるお店の床が並びます。鴨川のせせらぎ、そして豊かな自然を眺めながら贅沢なお料理をいただく。そんな至福の時を過ごせる大人のスポット、それが「鴨川納涼床」です。


■エリアゲスト ライター  中井 忍さん  京都で暮らし、京都に関する様々な本を執筆。京都の“いいもの”を知り尽くした達人がこの方、中井忍さん。

■エリアゲスト
ライター 
中井 忍さん

京都で暮らし、京都に関する様々な本を執筆。京都の“いいもの”を知り尽くした達人がこの方、中井忍さん。
鴨川納涼床  江戸時代に、裕福な商品が中州や浅瀬に床机を置き、趣味趣向として遠来の客をもてなしていたのが始まり。

鴨川納涼床

江戸時代に、裕福な商人が中州や浅瀬に床机を置き、趣味趣向として遠来の客をもてなしていたのが始まり。

幾松

幾松

幾松

幾松

住所:京都市中央区木屋町通御池上がる
TEL:075-231-1234
HP:http://www.ikumatsu.com/


上木屋町の路地裏にたたずむ築200年ほどの純和風建築「幾松」。

幾松


幕末の志士、桂小五郎と妻、幾松が恋人時代を過ごした屋敷なんです。

幕末の志士、桂小五郎と妻、幾松が恋人時代を過ごした屋敷なんです。

幾松の間  幕末当時、長州藩参謀本部の会議室跡。大政奉還の原案も、この場所で作られた。

幾松の間

幕末当時、長州藩参謀本部の会議室跡。大政奉還の原案も、この場所で作られた。

つり天井  当時、天井には750kgもの大きな石が仕掛けられていた。

つり天井

当時、天井には750kgもの大きな石が仕掛けられていた。

抜け穴  部屋の外にはなんとこんなものも!

抜け穴

部屋の外にはなんとこんなものも!

長持  新撰組の斬り込みの際、幾松が小五郎をこの長持に隠して窮地を切り抜けたと言われている。

長持

新撰組の斬り込みの際、幾松が小五郎をこの長持に隠して窮地を切り抜けたと言われている。


長持  新撰組の斬り込みの際、幾松が小五郎をこの長持に隠して窮地を切り抜けたと言われている。

鴨川の豊かな自然の中で贅沢な京料理をいただいてください。
コース 14,000円~



山とみ

山とみ

山とみ

山とみ

住所:京都市中央区先斗町 四条上がる鍋屋町226
TEL:075-221-3268
HP:http://www.kyoto-yamatomi.com/

先斗町の歴史が息づく山とみののれんをくぐると家庭的な雰囲気漂う空間が広がります。山とみさんはメニューも豊富。およそ100種類の中から選べるんです。
値段もとてもリーズナブルなので床初心者にもおすすめです。


おでん盛り合わせ 840円 ※床代別途  お客さんの中でも一番人気はやっぱり大根。

おでん盛り合わせ 840円
※床代別途

お客さんの中でも一番人気はやっぱり大根。

鮎の塩焼き 730円 ※床代別途  季節の鮎の塩焼き。

鮎の塩焼き 730円
※床代別途

季節の鮎の塩焼き。

名代鉄ピン揚げ 2,940円  こちら看板メニュー。鉄瓶で天ぷらを揚げる「名代鉄ピン揚げ」です。

名代鉄ピン揚げ 2,940円

看板メニュー。鉄瓶で天ぷらを揚げる「名代鉄ピン揚げ」です。


佛沙羅館

佛沙羅館

佛沙羅館

佛沙羅館

住所:京都市下京区木屋町通 松原上がる美濃屋町173-1
TEL:075-361-4535
HP:http://www.bussaracan.com/

のれんをくぐると築90年の町家とタイの調度品が溶け合い、オリエンタルな空間が広がります。タイ国商務省が“本場のタイ料理を味わえる店”と認定した日本でも数少ないレストランなんです。

のれんをくぐると築90年の町家とタイの調度品が溶け合い、オリエンタルな空間が広がります。タイ国商務省が“本場のタイ料理を味わえる店”と認定した日本でも数少ないレストランなんです。


■京茄子のタイ風あんかけ  こちらは京茄子のバジルあんかけ。まさしく京都とタイが融合したお料理です。

■京茄子のタイ風あんかけ

こちらは京茄子のバジルあんかけ。まさしく京都とタイが融合したお料理です。

 

■トム・ヤム・クム  タイ料理と言えばトム・ヤム・クムスープ。世界三大スープ。辛くて酸っぱいトム・ヤム・クムを召し上がれ。

■トム・ヤム・クム

タイ料理と言えばトム・ヤム・クムスープ。世界三大スープ。辛くて酸っぱいトム・ヤム・クムを召し上がれ。

ディナーコース 3,980円
※サービス料別途


SENT JAMES CLUB 本店

SENT JAMES CLUB 本店

SENT JAMES CLUB 本店

住所:京都市中京区西石垣 四条下がる斉藤町140-19
TEL:075-351-7571
HP:http://www.sentjamesclub.com/

すっかり日も暮れ、最後に二人が訪れたのがレンガ倉庫風の内装が素敵なバー「SENT JAMES CLUB 本店」。


■フローズン ヨーグルト パイン 1,200円 ※チャージ料別途

■フローズン ヨーグルト パイン 1,200円
※チャージ料別途