ファッションモデル「アンミカ」が 体感する、キレイの散歩。

過去放送バックナンバーへ

2016.1.16〜

冬のおもてなし 美と食

今回のアンダンテは、「冬のおもてなし 美と食」。

今回のアンダンテは、おもてなし料理にチャレンジ。
人気料理研究家が提案してくれる、ヘルシーでオシャレな鍋。
寒いこの季節にはたまりません。

AHNdante アンミカ
小川 薫

小川 薫さん

今回のおもてなし料理を提案してくれるのは、予約が取れない人気料理教室「Salon de clover」主宰の小川薫さん。
おもてなし料理教室「Salon de clover」

オシャレにお鍋を!

小川薫先生によるテーブルコーディネート術
  • 小川薫先生によるテーブルコーディネート術
  • 小川薫先生によるテーブルコーディネート術
  • 小川薫先生によるテーブルコーディネート術
  • 小川薫先生によるテーブルコーディネート術

テーブルコーディネートをひと工夫すれば、ぐっと華やぎます。
お鍋の時は、たくさんの新鮮なお野菜の彩りがあるので、お花を飾る必要はありません。
食器はいつも使っているもので大丈夫ですが、色を統一すればより洗練された印象に。
グラス等の器におしぼりを立てて入れておくと、おもてなし感が伝わります。
一味や柚子胡椒などのトッピングは、小皿等に少量ずつ入れると素敵ですよ。
小川さんのように、アンティークのおちょこを使うのもいいですね。
フルーツは何よりのオブジェです。
柚子などをたくさん置いて、食卓に彩りを添えましょう。

こだわりの食材

黒門市場
  • 黒門市場
  • 黒門市場
  • 黒門市場
  • 黒門市場

こだわりの食材を求めてやって来たのは、「黒門市場」。
小川さんがよく利用する八百屋さん、「青果プロデュースマーケット やすい」さんでお買い物です。
今は、白菜や水菜、大根、里芋など、お野菜がおいしい時期。
大きな生姜やクレソンも購入します。
生で食べるイメージが強いクレソンですが、加熱してもおいしいんだとか。

どんな鍋になるのか楽しみですね。
プロが選んだ新鮮な野菜を使って、いよいよお料理です。

和風の鍋料理

野菜の柚子こしょう巻き
  • 野菜の柚子こしょう巻き
  • 野菜の柚子こしょう巻き
  • 野菜の柚子こしょう巻き
  • 野菜の柚子こしょう巻き

まずは、冬のお野菜を使った「野菜の柚子こしょう巻き」を作ります。
白菜、豚肉、人参、水菜、大根を使ったオシャレ鍋。
ただ具材を鍋に入れる料理ではないんです。
オシャレの極意をおみせします。

白菜はフライパンに広げて3分ほど茹で、根本5センチはあらみじん切りにします。大根と人参は、ピーラーで薄く剥きましょう。
水菜は3〜5センチの長さに切ります。

茹でた白菜に柚子こしょうを塗り、その上に豚肉、人参、大根、水菜の順に均一に敷いてから、白菜を巻いていきます。
隙間がないように、しっかりと固く巻くのがコツ。
両端にあらみじん切りにした白菜の根本を詰め、4等分にカットします。

オシャレに準備ができた所で、味付けに入ります。
白菜と豚肉のロールを鍋に敷き詰め、お酒をまわし入れます。
弱めの中火で10分蒸らせば、完成です!

お野菜の甘みがしっかりと感じられる、ヘルシーな逸品。
ゴマだれとの相性も抜群。
いつもの鍋の具材でできる、お家ならではのおもてなし料理です。

  • 材料(4人分)

    白菜…大4枚
    豚肉(薄切り)…4枚
    柚子こしょう…少々
    にんじん…1本
    大根…10cm
    水菜…1/2束
    酒…大さじ1
    ぽん酢…適量

洋風の鍋料理

鶏と野菜のぽかぽかトマト鍋
  • 鶏と野菜のぽかぽかトマト鍋
  • 鶏と野菜のぽかぽかトマト鍋
  • 鶏と野菜のぽかぽかトマト鍋
  • 鶏と野菜のぽかぽかトマト鍋

次に作るのは、「鶏と野菜のぽかぽかトマト鍋」。
コラーゲンたっぷりの鶏と昆布から出しを取り、味に深みを出します。 美と食をコラボした、栄養価の高いヘルシーなお鍋。
スーパーフードのキヌアは、後のお楽しみに。

昆布は2〜3時間水につけておきましょう。
お鍋に、水につけた昆布、手羽元、ごぼうを入れます。
手羽元は、いいお出汁が出るので骨付きのものがおすすめ。
さらに、お好みの量の生姜を加えます。
生姜は皮ごとすり下ろすのが小川さんのおすすめです。
ここで、一旦沸騰させましょう。

10分後、里芋、パプリカ、ブロッコリー、しめじ、かぶ、セロリを入れていきます。ホクッとしたものがあるとおいしいので、今が旬の里芋をアクセントにします。かぶは煮くずれやすいので、皮付きのまま使いましょう。
お野菜を彩りよく入れたら、トマト缶をまるごと入れます。
沸騰後、弱火で10分待ちます。

10分後、かぶとセロリの葉っぱの部分を入れ、1分間だけ加熱します。
葉っぱの部分はビタミンたっぷりなので、捨てずに使ってくださいね。

1分後、塩と豆乳を入れます。
豆乳は加熱し過ぎるともろもろになってしまうので、気をつけてくださいね。
最後にクレソンを入れ、火を止めて完成です!

  • 材料(4人分)

    水…400ml
    鶏もも肉…300g
    鶏手羽元…4個
    ごぼう…70g
    トマト缶…400g
    豆乳…300ml
    かぶ(皮付)…1個
    里芋(小)…8個
    ブロッコリー…100g
    セロリ…100g
    しめじ…70g
    パプリカ…50g
    クレソン…50g
    キヌア…50g
    塩…小さじ1
    溶けるチーズ…適量

実食

オシャレ鍋 実食
  • オシャレ鍋 実食
  • オシャレ鍋 実食
  • オシャレ鍋 実食
  • オシャレ鍋 実食

お味の想像ができないオシャレ鍋に、アンさんも期待大です。
パプリカも入って、彩りが美しい。
トマトの酸味と塩分が適度にあり、生姜がふわっと香る、優しいお味のお鍋。
豆乳を入れることで、トマトの酸味がまろやかに。
クレソンも、鶏と昆布の出しが効いたスープと相性抜群。
アンさん絶賛のおいしさです。
生姜が効いてはいますが、お子様にもぴったりのお味。
スパークリング清酒の「澪」<DRY>も、こちらのお鍋にぴったりですよ。

お鍋の締めは、お楽しみにとっておいたキヌアのリゾット。
具材をあげたお鍋のスープの中に、スーパーフードのキヌアを入れて煮込みます。
仕上げに溶けるチーズを加えれば、絶品「キヌアのチーズリゾット」の完成!
アルデンテの食感が楽しい、オシャレでヘルシーなリゾットです。

「白菜と塩こんぶの和えもの」は、その名の通り白菜と塩こんぶを和えるだけ。
30分ほど漬けるだけで、昆布の旨味が白菜に染みこんでとってもおいしいんです。

残っているお野菜でも十分おいしいお鍋ができるので、お好きな材料でも作ってみてくださいね。

  • 「澪」<DRY>(スパークリング清酒)

小川 薫

小川 薫さん

予約が取れない料理教室「Salon de clover」の幸せメニュー小川 薫
発行:SBクリエイティブ株式会社
今回ご紹介したお料理は、こちらにも掲載しております。

※掲載情報は放送日現在のものです。詳しくは店舗・施設などへ直接お問い合わせください。

過去の放送一覧を見る

ページの先頭へ