ファッションモデル「アンミカ」が 体感する、キレイの散歩。

過去放送バックナンバーへ

2017.10.1〜

千里山

今回のアンダンテは「千里山特集」。

大正時代、千里丘陵に開発された北摂の閑静な住宅地「千里山」。
そこには食べる人を想った確かな味わいがありました。
住宅地で誕生したお店ならではの佇まいが、ほっと笑顔にさせてくれます。
優しい味に出会う街…。

AHNdante アンミカ

LABO KAKAPO

LABO KAKAPO
  • LABO KAKAPO
  • LABO KAKAPO
  • LABO KAKAPO
  • LABO KAKAPO

まずアンさんが向かったのは、千里山の住宅地。
閑静な住宅地に現れたのは、ご実家の駐車場スーペースにお店を構えた、かわいらしいスイーツショップ「ラボ・カカポ」。オープンしてこの10月で一周年を迎えます。
カカポとは、フクロウオウムのこと。店主の雰囲気が似ていると家族に言われ、店名にしました。
オーナーの中島さんは1人で朝6時からケーキを作り、11時から4時までお店に立ち、またその後1人でケーキ作りと、たった一人でお店を切り盛りしています。
寒天ゼリーのホールケーキなど、苦手なもの、アレルギーにできる限り配慮してのオーダーも受け付けています。

TEL 090-3949-0373
電話受付 午前11時〜午後4時
営業日 木・金・土
URL Facebook

あんことおはぎのお店 くりこ

あんことおはぎのお店 くりこ
  • あんことおはぎのお店 くりこ
  • あんことおはぎのお店 くりこ
  • あんことおはぎのお店 くりこ
  • あんことおはぎのお店 くりこ

マンションの一階に入った控えめな感じの外観のお店。珍しいあんことおはぎの専門店です。店内に広がる甘いあんこの香りに誘われて、アンさん、工房を少し見せていただくことに。
厳選された北海道産無農薬の小豆と、ミネラル豊富な甜菜糖(てんさいとう)で、愛情をたっぷり注いで炊いたあんこです。

あんこの美味しさが際立つ「きりかぶもなか」。食べる時に自分であんこを最中の中にセットします。おはぎは北海道産、はくちょうもち米を使用し、つぶあん・全粒きなこ・黒ごま、3種類のお味があります。

TEL 050-3698-0706
営業時間 午前11時〜午後5時
営業日 木・金・土
URL 公式サイト

Réconforter(レコンフォルテ)

Réconforter
  • Réconforter
  • Réconforter
  • Réconforter
  • Réconforter

千里山にオープンして今年で10年目を迎える、フレンチレストラン。
まずは、お魚の前菜からいただきます。定休日の前日、夜の営業を終えた谷口さんは、そのまま海へ向かい釣りに出ます。そして、釣れた魚をインスタグラムにアップすることもあるそうです。

続いてはお肉料理。網脂で包んでローストした霧島産黒豚フィレ肉の中心には、ドライイチジクが入っています。
シェフの想いのこもった繊細で美しい料理が、地元で愛され続けています。

TEL 06-6386-0002
営業時間 ランチ
午前11時半〜午後2時

ディナー
午後6時〜午後9時
定休日 水曜日(月1回、火曜不定休)
URL 公式サイト

※掲載情報は放送日現在のものです。詳しくは店舗・施設などへ直接お問い合わせください。

過去の放送一覧を見る

ページの先頭へ